社員インタビュー

製造 Iさん

♦京都工場製造課 2020年入社 Iさん

Q1.入社の決め手は?
食を通じてより多くの人々を健康で豊かにしたいという思いがあったことと、個々の成長段階にあわせた人材育成の環境が揃っており、若手社員への期待をとても強く感じられたことから入社を決めました。

Q2.現在の業務内容は?それにいたる経歴は?
現在は、製造課で商品のトッピング作業が行われる工程のライン管理を担当しています。決められた規格通りの商品が作られているか良品確認や、表示確認など製造における管理を行なっています。また、一日の製造が製造計画通りにスムーズに進められるよう、何十人もの従業員の管理も行います。

Q3.現在の仕事の面白さ、やりがいは?
毎日出荷される商品の数量が違ったり、時にはトラブル等も起こる為、場に応じた臨機応変な判断と対応力が求められます。常に視野を広く持ちアンテナを貼りながら、効率よく製造を出荷まで勧められた時にやりがいを感じます。

Q4.仕事をする上で大切にしていることは?
誰もが前向きな気持ちで業務を行うことが、より良い製品作りに繋がると考えています。その為に、働きやすい環境作りに自分が少しでも役立てる行動をしたいと思います。従業員一人一人に寄り添い、周囲から慕われる存在になれるよう、日々のコミュニケーションを大切にしています。

Q5.成長した、学んだと感じることは?
製造部門は、決められた時間に決められた数量の製品を出荷しなくてはいけない為、一秒も無駄にできません。まだまだ駆け出しですが、効率良く製造計画が進められるよう状況に応じて動けるようになった事は成長した部分だと感じます。

Q6.今後の目標(仕事・プライベート・なりたい自分など)
個々の成長段階にあわせた人材育成施策を存分に活用し、自分の価値観や意見を大事にしつつ、自分自身を成長させていきたいです。ゆくゆくは、以前から興味があった開発部門で挑戦したいという気持ちがあります。現在の職場で学んだ知識、経験を活かしながら様々な場面で活躍し、会社の戦力となる人材になりたいです。

Q7.就活生へのメッセージ
就活は、自分自身のことをよく知れるとても良い機会だと思います。就活を進めていく中で新しい自分に出会えることもあります。その時その瞬間を楽しみながら、人との出会いを大切に、最後まで自分と向き合い頑張ってください。

PAGE TOP