女性活躍推進法

株式会社ジョイアス・フーズ第1回行動計画

女性社員を増やし、更に活躍ができる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を 策定する。
1.計画期間:平成28年4月1日~平成31年3月31日(3ヶ年計画)
2.数値目標及び取組内容・実施時期

目標1:管理職に占める女性社員の割合を5.0%以上にする。

 (平成27年度実績:0%)

平成28年4月~  
  • 女性昇格対象者への働きかけ実施。
  • 女性昇格対象者に対して、外部研修(女性リーダー育成研修等)を 受講させる。
平成28年4月~ 
  • 現在、管理職は全国へ異動可能が条件となるが、異動が出来ないや むを得ない理由(子育、介護等)がある場合に限り、管理職にも地域限定制度を認めるよう制度改定の検討をする。

目標2:男女の勤続年数の差を3年以内にする。

 (平成27年度実績:男女年数差4.3年、男女勤続年数の割合57.4%)

・平成28年4月~
  • 出産・育児による女性の退職を防ぐべく、育児サービスの拡大。
  • 育児休職中の社員と定期的な面談の実施。
  • パレット共済会と連動し、育児休職中、育児休職予定者にオンライン 講座(e-ラーニング)の受講を勧める。
平成28年4月~
  • 現在、短時間勤務制度は、育児の対象となる子が3歳を迎えた日の 次にくる4月15日までを適用期間の限度としているが、希望する場合 は小学校就学前まで利用できるよう、制度改定を検討する。

目標3:新卒採用の女性比率を3年平均40%以上にする。

 (平成27年度実績:33.3%)

平成28年4月~
採用ホームページや採用時の会社説明会などの応募者と触れ合う場に女性社員を積極的に活用することで、必要な情報提供を行い、女子学生からの応募を促進する。

働き方の改革に向けた取組

目標4:労働者の年次有給休暇の年間平均取得率を5%以上増加させる。

 (平成27年度実績:50.7%)

平成28年4月~
社員に対してメール、掲示板等を通じ、取得を促す情報提供を行う。
平成28年10月~
有給休暇の計画的付与、取得推奨月間の設定等を実施する。

以上