フードディフェンス

 製品への意図的な異物の混入や汚染防止など、製品の安全を確保するため、製造現場への入退出制限や入室チェックの他、数多くの品質保証カメラを設置し、24時間体制で製品事故防止に努めています。

◆製造エリアへの入退出ゲート

入退出ゲート

 工場製造エリアの出入り口には入退出ゲートを設置しています。
従業員のみならず出入り業者の方々も全て登録された所定のICカードを使用して出入りしています。
また、品質保証カメラの設置により24時間の入退出状況をチェックしています。

◆入室チェック

  工場製造エリアへの入室前には、ローラーがけによる毛髪除去や体温チェック、十分な手洗いの他、担当者による品質衛生上のチェックと工場内への私物持込み等がないか、 徹底的にチェックした後、エアシャワー室を通って製造現場に入ります。

◆製造現場に設置している品質保証カメラ

品質保証カメラ

  製造現場や全ての出入り口には高精度カメラを複数設置。作業状況や人の動きなど、工場内外の状況を漏れなく確認・記録できます。

◆カメラ画像の集中管理

集中管理

  すべての画像は工場内の総合事務所で管理しています。
万が一の製品事故や労災発生時には、細かな部分まで記録された画像で確認ができるようになっています。