開発担当

【出身学部】
  家政学部栄養学科

【社歴】
  平成25年4月(入社5年目)

【好きな(おすすめ)商品】
  とろーり豆腐
  とろろそば

【入社後の体重増減】
  あまり変化なし。帰宅後食べない。

入社のキッカケ(当社を知った経緯)

食品業界で働きたくて、マイナビに説明会案内が出ていたので参加してみたらトントン拍子で進み、ご縁がありました。

入社前と入社後のギャップ

開発部は、ひたすら試作を繰り返す部署というイメージがありましたが、営業同様に取引先と直接商談をすることにギャップを感じました。

開発の仕事とは

惣菜カテゴリの開発です。試作だけでなく、その他に取引先との商談や、規格書・原価計算書の作成などもしています。

一番苦労したこと

家庭でつくる料理と工場でつくる大量の調理の違いに苦労しています。
今まで大量に調理をする経験をしたことがなかったため、気を付けるべき調理の条件の違いを調整するのが大変ですが、自分が開発した製品が店頭に並ぶところを見ると小さくガッツポーズをします。
味に「正解」はないので、そこに難しさとやりがいを感じます。
市場調査を参考にして、そのときの流行も考えつつ開発しています。

今後実現したいこと

他社にない、新しいジャンルの製品を開発したいです。
今は開発担当として市場動向をみて製品を作っていますが、開発だけでなく食品表示法に関わる事など、他の知識も深めたいです。

とある一週間のスケジュール

AM:営業・開発打合せ。決定商品の規格書も作成する。
PM:お客様へ提案するサンプル試作。
   納得がいくまで何度も試作を繰り返す・・・忍耐だ。
   合間に、製造での再現性の確認。
   新しい調理法で製造できるか実際の工場の製造ラインで検証する。
AM:翌日作るサンプルの予行練習。
PM:お客様と今後どんな製品を作るか打合せ。
   少し先だけど、いいのができたので提案してみよう!
終日:翌日にお客様へ提案するサンプル試作。
   明日は一番大事な開発会議に持っていくので、入念にチェックする。
   一週間の中で実は一番忙しい。
終日:商品開発会議。
   作ったサンプルにどんな評価が出るかドキドキ。
   他のデイリーメーカーの担当者と情報交換する。
AM:今後取引をはじめる原料メーカーの担当者からサンプルを取り寄せる。
PM:料理勉強会に参加して新しい発見をしたから今後の商品開発に活かせそう。
土・日
一人暮らしなので、たまっていた家事を片付ける。
最近は簿記にも興味があり、検定試験の合格を目指して勉強中。
数字を制する者は仕事を制す。