品質への取り組み

工場での衛生管理

工場入室

異物混入や食中毒を防ぐために、一番大切な入室口です。
全従業員がこの入室口を通って製造現場内へ入ります。
quality1-11
工場の入室口には、
静電気除去のれん、静電気除去シートを設置。
静電気による毛髪や異物の付着を防ぎます。
従業員は指定の作業着、内帽子を着用します。

入場前は、毛髪の付着やはみ出し確認、爪の長さや手の怪我のチェックを行います。
第三者チェックにより、衛生レベルのさらなる向上に努めています。

工場内での取り組み

衛生管理には特に注意を払っています。

教育を受けた検査員が、原料受入れから製品出荷まで各工程ごとに品質を厳しくチェックします。
製造商品アイテムの切り替え毎に、十分な洗浄・清掃を行い、工場内の衛生環境を保ちます。
食品製造は、お客様の大切な命と健康をお預かりする仕事であることを全員で自覚し、日々衛生管理に注意を払っています。 原材料受入から製品出荷まで、工程毎の管理基準を守り、品質を厳しくチェックします。また、冷蔵商品を製造していることから、温度管理の徹底や十分な洗浄・清掃を行うことで、最適な製造環境を維持しています。
さらに、工場内には大勢の従業員が働いており、衛生教育は欠かせません。外国人従業員向けに数ヶ国語版の教育ツールを使用し、品質の安定に努めています。

品質検査

ラベルの表示、トッピング検査、理化学検査、機器点検等、検査項目は多岐に渡ります。製造から出荷まで短時間であるため、迅速な検査が求められます。
適切な品質管理がされているか、製造工程の拭き取り検査や食品の細菌検査を毎日行い、安全性の確認を行っています。




品質保証に関して

安全・安心な食品づくり

当社は、お客様に喜ばれ、お客様の笑顔と健康に貢献できる製品を提供するために、消費者視点でのしくみを作り、全社で品質向上に取り組んでいます。

お客様相談室

当社では、お客様の声に真摯に耳を傾け、誠意・迅速・正確な対応を心がけるとともに、その声を社内にフィードバックし、製品・サービスの開発や改善に活かしています。